土地を売るときの二つの方法

土地を売却には仲介と買い取りの二つの方法があります。それぞれの方法には特徴があるので状況に合わせて選択します。

土地を売るときの二つの方法

土地を売るときの二つの方法

土地を買ったり売ったりする時にはとても大きな金額の取引となります。それだけに失敗したくはありません。ですが不動産業者の人ではない限り土地の売買に慣れているという人はほとんどいないでしょう。ほとんどの場合は直接取引ではなく不動産業者を通しての取引となります。

土地を売却する場合は二通りの取引方法があります。一つは不動産業者に間に入ってもらい買主との売買交渉を依頼する方法です。不動産業者に仲介手数料を払って土地の買主を探してもらい契約する方法です。この場合は希望の売却価格に手数料が必要になります。また希望の価格で買い取ってくれる買主を探す時間がかかることや、買主が見つからない場合は価格の見直しをしなければならないなどで見つかるまである程度の時間が必要になります。すぐに土地を売却したい場合は不動産業者に直接買い取ってもらうという方法もあります。仲介ではなく不動産業者が買い取り、転売する方法です。この場合は売却価格が低くなることを覚悟しなければなりません。不動産業者にとってもその価格で売れるかどうかわからないリスクを回避するために売却価格は低く設定されます。

どちらの方法がいいとは一概にはいえませんが、時間に余裕があって高い値段で土地を売りたい時は仲介。すぐにでも売らなければならない事情がある場合は買い取りを選ぶことになります。

Copyright 2018 土地を売るときの二つの方法 All Rights Reserved.