土地を売るときの二つの方法

住まいを取得する時の最初の資金計画が重要だということを、シビアに考えることも含めて書いてみました。

土地を売るときの二つの方法

計画的な資金計画と住まい

住まいを購入する時には、空想の世界だけで楽しむわけにもいきません。住まいを得るためには、そのための購入費用を準備することが必要ですが、何事も最初が肝心と言われるように、本当に最初が肝心で、準備の時だけは、石橋を叩いて渡るぐらいがちょうど良いように思います。準備ができたならば果敢に向かって行くことが大切ですが、準備ができていなければ、それは無謀ということになります。ドンキホーテ型の人間とハムレット型の人間の話が昔よく話題になった時期がありましたが、住まいの取得も準備の段階はハムレット型がよく、実行に移す時にはドン・キホーテ型が成果が出るように思います。特に重要なのが最初の取得計画で、今も毎年支払いができずにいる破綻予備軍の人たちが10万人ぐらい出るそうです。それは10万家庭ということでしょう。

背伸びをしすぎる購入でなければ、そのような人たちの数もだいぶ減ったかもしれません。それは資金を貸す方も借りる方も痛手を受けますので、そうならないためにも、最初の資金計画だけは余裕を持って、できることをすべきではないかと思います。無理が通り好転する時もありますが、そういう時ばかりでもありません。できないことは逆立ちをしてもできません。そこは自分の状況をシビアに見て、購入出来る物件を購入するなり、準備するなりすべきではないかと思います。

Copyright 2018 土地を売るときの二つの方法 All Rights Reserved.