土地を売るときの二つの方法

住まいを選び購入したり、賃貸物件でも庭やその他の土地の利用などの事を幾つか書いてみました。

土地を売るときの二つの方法

住まいの外側との関係

住まいでは中の空間と、所有している外の空間がありますが、外側の関心も最近はよく話題になります。特に住宅の販売などでは、家庭菜園がセットになっている物件をよく目にしますし、話題になっています。特にマンションなどでもベランダで家庭菜園ができたり、わざわざ家庭菜園ができる土地を借りて、そこを優先的に家庭菜園として利用できるようななっている新築の物件もあります。それらの物件になると資産価値も下がりにくいのかもしれません。そのように自宅の外の空間を楽しみとして利用するように、関心が向いてきているということが、今現在の傾向ではないかとも思います。住まいの購入は、今までは所有ということに重点を置いていましたが、それがだんだんと楽しむ空間という方向に向かっているということのようです。

購入して利用する人たちのニーズが、そうなってきているということで、販売業者の方もそちらに力を入れだしたということかもしれません。そうなると賃貸経営でも、サービスとして家庭菜園の紹介や、手順など指導などができるところを選ぶという人たちも出てくるのではないかと思います。差別化ということでは、そのようなアイデアも面白いかもしれません。若い世代でも家庭菜園に情熱を持っている人が結構いたりします。そのことも考えておくべきではないかと思います。

Copyright 2018 土地を売るときの二つの方法 All Rights Reserved.