土地を売るときの二つの方法

住まいを購入する前に、家族のプライバシーを守れる空間のことも考えておく大切さを書いてみました。

土地を売るときの二つの方法

住まいと家族の空間の所有

住まいを考える時に、家族のプライバシーの問題は、その必要性も含めて、最初に考えておくべきではないかと思います。子供がいる場合では、子どもたちも、引っ越す時に、まず自分の部屋の確保を考えるようです。子供も大人も自分の部屋は欲しいもので、プライバシーということが、子供の成長でも大きく影響するのではないかとも思います。子供が小さな時は、いつでもその空間に入ることができたり、観察することができたりする場所でないといけないので、自由に取り外せる仕切りのような空間で良いでしょうが、思春期以降ではやはり、個室があったほうが良いように思います。そのようなことも考えて、個室がある住まいか、そのように改装できるく空間がある住まいを購入することも考えるべきではないかと思います。

最近では、庭にカプセル式の部屋を作れるシステムも有り、簡易プレハブのようなものでしょうが、そのような方法も考えておくと良いかもしれません。書斎という使い方や、副業の事務所的にも使えますし、夫婦の間で何かあった時の逃げ場所も確保できます。やはり時には夫婦げんかもあり、また一人になりたい時や、逃げ場所も必要なのではないかと思います。ガス抜きの場所ですが、これからはそれらが益々重要になってくるのではないかと思ったりもしています。

Copyright 2018 土地を売るときの二つの方法 All Rights Reserved.