土地を売るときの二つの方法

第二の人生での住まいの準備を田舎暮らしで楽しむことが良いのではないかということなどを書きました。

土地を売るときの二つの方法

田舎暮らしと住まいの準備

高齢化社会になってくると、金銭的には余裕ができてきますし、人生経験も豊富になりますので、若い頃よりは失敗も少なくなり、新しいことでも用心して始めるようになります。しかし、若いころとの決定的な違いは、若さからくる実行力などで、今の金銭的な自由や体験的な経験が、若い頃にあったら、どれだけ楽しめたかということを考えてしまったりします。しかしそれはもうどうしようもない現実ですので、まずできることから始めてみるのが良いように思います。定年退職する年齢では、まだまだ若さがありますので、そこから第二の人生をやり直すということが大切なように思います。体がその年齢だということを計算に入れての第二の人生です。

それで参考になるのが田舎暮らしということで、そのために住まいを準備していくのが良いように思います。人間は年を取れば取るほど、動きが鈍くなっていきますが、欲求は変わりません。幸せになりたいし、長生きをして、気持よく過ごしたいということですので、その望みに沿った生活設計をしていくのが、長生きの秘訣だと思います。また老後を楽しむという計画も作っておくということではないかと思います。そうすれば高齢化も怖くはありません。

Copyright 2018 土地を売るときの二つの方法 All Rights Reserved.