土地を売るときの二つの方法

定年退職後の自由な住まいと暮らしを選べる時に、故郷に戻り、そこですむ選択肢のことを簡単に書いてみました。

土地を売るときの二つの方法

故郷に戻る住まいの選択

第二の人生での住まいを考えると、私などはやはり故郷という馴染みのある土地に帰りたいと思います。他にも日本中に素晴らしい土地はあるでしょうが、子供の頃を過ごしたところは、第二の人生として受け入れやすいことは確かです。また一日でも早く、こんな田舎を出て都会で暮らしたいと思い都会生活を始め、何十年も過ぎて、もう一度故郷を思う年齢になり、第二の人生を考える時に、経済的には都会生活をしなくてすむということを考えると、やはり故郷の本当の価値がわかるようになってきているということだと思います。経済的なしがらみから自由になってきているということでもあり、事実それができる経済的な状態でもあるということです。

そうなると、故郷でも自分が住んでいたところではなく、住みやすいところを探して住まいを選べばよいわけで、それも昔は住んでいたので、全く新しいところという、右も左も分からない状態でもないので、住まいも探しやすいですし、何処に住んだら良いかの情報も得やすいと思います。親戚などの身近な人達もいるでしょうから、参考意見も聞けるでしょう。そのような意味でも第二の人生を故郷に戻ることで始めるのも良いのではないかと思います。

Copyright 2018 土地を売るときの二つの方法 All Rights Reserved.