土地を売るときの二つの方法

将来の高齢化社会のために生活や住まいなどの具体的な対策を立てておくことの重要性などを書いてみました。

土地を売るときの二つの方法

高齢化の準備と住まい

世の中の変化は、とても早いものがありますが、人間は過去の経験から学んでいく動物でしょうから、過去からの教訓は理解しやすのですが、将来の変化、特に急激な変化の場合には、対処しにくいところがあります。特に今までの経験が役に立つことでしたら、わかりやすいのですが、そうではなくまったく体験したことがない場合には、対処のしようがなくなることもあります。多分私達の立場からでは、将来の高齢化社会の生活が、一番対策を立てなければならないことでしょう。住まいを購入して、まだまだそれは先だと思うかもしれませんが、10年20年は、本当にあっという間に過ぎてゆきます。あれよあれよというまです。そうなると準備ができていない状態では、すべてが後手にまわってしまいます。

そうなっていからでは、なかなか難しいものがありますので、事前の対策を練っておくことは重要な作業になります。それも楽しみながらするのがよいのですが、いずれにしても、まず今の状況から予想できる対策の準備が必要で、その大きな一つが経済的な対策でしょう。収入をどうするかで、おおまかなものでも準備が大切です。不動産での賃貸経営や、副業や高齢化してもできる生きがいなどの仕事でもよいでしょう。だいたいの自分のルートを予想することがよいと思います。

Copyright 2018 土地を売るときの二つの方法 All Rights Reserved.