土地を売るときの二つの方法

土地を上手に選んでいくために、ぶんじょうちの中でもどの区画が良いのかなどお知識を持って探しましょう。

土地を売るときの二つの方法

土地の上手な選び方とは

土地は細かい条件がそれぞれ異なり、この世に同じものは一つも存在しません。他の買い手がついてしまえば、その土地を購入する事は出来なくなってしまいます。一期一会のものであり、タイミングが大切になります。そんな状況の中で、自分たちの思う条件に出来るだけ近い物件を探していく事になります。

農地として使われていた広い土地を区分けして分譲地として売り出す部県も数多くあります。そうなると、同じような場所の中にも、条件の良しあしが出てきます。南側の角地は人気が高い傾向にありますし、道路に面している区画の方が出入り口や玄関の位置など融通がきくため使いやすい土地となります。土地の南面が道路に面している土地は、日当たりを確保しやすいというメリットもあります。南北の幅が狭い物件の場合は、南面ギリギリに隣家が建築されると随分日当たりが阻害されてしまうものです。また、道路から離れた一番奥の区画は、駐車場の確保が難しくなる傾向にあります。

また、坂道に面した土地の場合、土地よりも高い位置に道路がくる場合があります。そこに建てた建物の2階部分が道と同じ高さになるという状況にもなり、上層階の建物を建てるメリットが薄れてしまいます。このような事を考慮して、土地を選ぶ様にすると良いでしょう。

Copyright 2018 土地を売るときの二つの方法 All Rights Reserved.