土地を売るときの二つの方法

自分たち家族の住まいをどのように大切に考えて、長持ちさせるかということを簡単に書いてみました。

土地を売るときの二つの方法

住まいを大切に考える

昔は、ものを大切にしなさいとか、一粒のお米の中には7人の神様がいるから無駄にしないようにしなさいとか、ものを大切にすることを親から教育されたものですが、今では逆で断捨離という言葉からもわかるように、如何に持っているものを捨てるかで悩んでいるという、とても贅沢な社会になっています。しかし住まいは捨てるわけにもいかず、どうしても大切にしなければいけないものだろうと思います。しかし日常生活は、瞬く間に過ぎていきますし、仕事もそうで追われるものであり、時間内にしなければならないものがほとんどなので、その余裕が持てません。それでも、空いた時間を作り、住まいのことも考えないと老朽化していくばかりですので、いつの間にか大修繕をしなければならなくなります。

こまめに手入れをしていれば、先に延ばせたかもしれません。それは多分自分の住まいを、どれだけ大切に思っているかということではないかと思います。そこに思いの執着があれば、どのように大切にしようかということも、常に考えますし、そうなれば、ない時間でも作ろうとします。またその方法もインターネットなどのサイトにいくらで載っています。そう考えると住まいの考え方も、よく考えておかないと自分の住まいという財産に将来支障が出るということになります。

Copyright 2018 土地を売るときの二つの方法 All Rights Reserved.