土地を売るときの二つの方法

良い住まいだという考え方で運を引き寄せるということや、縁があるという縁とのことなども書いてみました。

土地を売るときの二つの方法

良い住まいとそれを見つけられる運

人生では色々な物質を持つことになりますが、住まいもそのひとつだろうと思います。購入するにしろ、賃貸で住むにしろ、そこは自分の住まいで、住んでいる期間は所有しているようなものでしょう。それぞれ巡り巡って私のところに入ってくる、それらのいろいろな所有物は、小さなものから高価なもの、大きなものまで、縁のような物があるように思います。巡りあうべくして、巡りあうということで、良いものでも、そうでないものでも、何らかの理由があって、私のところに来たといえるのかもしれないと時々思ったりします。そうなると、それがどのようなものでも愛着を感じてしまいます。それはほとんど住まいの中に収納されますが、そのまとめるものが住まいだとも言えます。

それぞれの物がそうであるように、それを包み込む住んでいる住まいが、その中でも一番価値があるのかもしれませんが、その住まいを手に入れられたという自分の運にも、感謝すべきではないかとも思います。そのような強い縁がある自分の住まいですので、やはり愛するということや感謝するという気持ちがベースにないと、嫌々住んでいるということになりますので、多分運も離れていくのではないかと思います。喜んで住んでいれば、幸せも舞い込むように思います。

Copyright 2018 土地を売るときの二つの方法 All Rights Reserved.