土地を売るときの二つの方法

住まいの立地条件を考えるときに、特徴のない土地を挙げられる方も多いですが、特徴のある土地もオススメです

土地を売るときの二つの方法

住まいの立地条件と特徴のある土地

住まいの立地条件を考えるときに、なるべくならば、特徴のない真四角な土地を選びたいと考える方も多いようです。これはなぜなのかといいますと、四角い土地でしたら特に無駄になる場所を作ることなく、その土地めいいっぱいに、建物を建設することができるからです。反対に特徴のある形の土地の場合には、細長くていびつな形の家になってしまったりするのであまりよくないと考える方も多いようです。しかし、特徴のない真四角な土地の場合には価格が高いという欠点があります。もちろん予算内ならば問題はないのですが、予算を大きく上回ってしまう場合もあるのではないでしょうか。そういった時には、少し形が変わっていても、真四角ではない土地を選んで、建物の立て方を考えるのがおすすめです。

特徴のある土地は、その形のために人気があまりないため、価格が安く設定されている場合が多いです。そのため、余った分のお金を家の建設に利用することができるという利点もあります。形がいびつな家は一見するとあまりよくないように感じるかと思いますが、こだわりを沢山詰め込むことができるため、後に自分の家なのだという実感がわき、とてもオススメなのです。ですので、必ずしも四角い土地を住まいの立地条件にあげるのではなくて、少しくらい、いびつな形の土地でも良いという気持ちで土地探しに望むのがオススメなのです。そのようにすれば、ほかの条件で良い土地も見つかるかと思います。もしよかったら参考にしてください。

Copyright 2018 土地を売るときの二つの方法 All Rights Reserved.