土地を売るときの二つの方法

減反政策が見直されるなど、農業や土地の問題が新たな問題になっていますが、国土を有効に活用する必要があります。

土地を売るときの二つの方法

土地の賃貸と活用について

過去、土地ころがしという言葉が流行りました。土地を売買することにより、多額の資金を創出するのです。最近もマンション購入が伸びているという事ですが、時代が変わっても不動産売買は、大きな取引であることに変わりはありません。TPP交渉の真っただ中、政府は長年の減反政策を見直すこととなりました。米を作るよりも補助金の方が有利だというゆがんだ政策は、将来の日本の農業にも禍根を残すという判断からです。現代の若者の農業離れ、休閑地の問題、また山林の管理や外国人の土地取得問題など、多くの懸案を抱える今、土地活用を改めて考え直す必要がありそうです。

そもそも明治以前では、日本全国の土地は、封建体制の中、作物を作って年貢を納めることを基本に、御恩・奉公という関係により土地利用が成立していました。現代のような近代的土地所有が認められたのは、明治時代地租改正が行われてからです。これ以後、土地は物権として売買・賃貸の対象となったのです。その地主小作制度により、巨額の富を得た者もいましたが、戦後の農地改革により、多くの農地が小作人たちに売り渡されました。しかし現代再び、過去の寄生的地主制度が甦ろうとしているのではないでしょうか。土地は私たち日本人にとって、売買の対象というよりは、生活の重要な基盤でした。宅地であろうが農地であろうが、生活と言う視点から見て、有効活用されているか、今一度国民一人一人が真剣に考える時期ではないかと思います。

Copyright 2018 土地を売るときの二つの方法 All Rights Reserved.