土地を売るときの二つの方法

我が家の住まい選びには、立地条件にこだわりました。駅から近く、車を使わなくても生活が便利です。

土地を売るときの二つの方法

立地条件にこだわった我が家の住まい選び

今の私の住まいは、立地条件にこだわって選んだ住まいです。郊外ですが、私鉄の駅から近く、徒歩五分ほどの場所にあります。一戸建ての建売住宅で、駐車場も二台分あり、小さな庭もあります。私が車の運転が苦手なので、徒歩でも生活が便利にできるように、駅近の物件にこだわりました。

また、子どものことを考えると、駅から近いという立地条件は将来的にも良いと考えました。高校生くらいになると、電車を使って通学するでしょうから、特に女の子の場合は、夜遅くに駅から遠い道を歩かせるのは不安です。駅から近ければ、高校や大学に進学してからも、就職してからも、家から通いやすくて便利ですし親も安心です。駅の周辺には、子どものための児童施設や、習い事をするところも多く、一人で通わせるのも安心です。また、万が一家に誰も住まなくなって売却する際も、駅から近い立地条件の土地なら、売却もしやすいでしょう。

立地条件にこだわった住まいを選ぶと、予算オーバーしてしまうこともあるでしょう。しかし、少し探す範囲を広げて、郊外のほうも探してみると、意外と安い物件が見つかります。我が家は都心まで約一時間の郊外で、駅から徒歩五分の一戸建てを二千万円台前半で購入しました。4LDKで和室もあり、二人の子どもたちにも個室を与えることができます。広々と住めて、庭でガーデニングもできて、さらに買い物なども便利な立地条件です。ローン金額も無理のない範囲で組めましたし、とても満足しています。

Copyright 2018 土地を売るときの二つの方法 All Rights Reserved.