土地を売るときの二つの方法

将来はマイホームをと夢を持っている方は多くいます。そのご自身の住まいを分譲の一戸建てで購入する際のポイントは?

土地を売るときの二つの方法

夢の住まい!一戸建て分譲の住宅の購入

今回は、将来夢見る住まいのマイホーム!その中でも分譲のマンションではなく、一戸建てを購入する際のポイントなどをいくつか紹介したいと思います。まず、戸建住宅にはいくつかの種類があります。「建築条件つき土地」「建売住宅」「注文住宅」といったものになります。種類はこのような形になりますが、一戸建ての特徴としては、建物が新築だと新しいことはもちろんの事ですが、それと共に土地が手に入ると言う大きなメリットがあります。例外で、時々土地は借地で土地料を払って建物を建てている方もいらっしゃいますが、多くの方は、建物と同時に土地も所有する事になるケースが多いかと思います。

さて、3つの種類の一戸建てを先に紹介しましたが、それぞれの特徴とメリット・デメリットなども紹介したいと思います。まず最初に「建築条件つき土地」からです。これは、大きな特徴として、土地の売買契約後の一定期間の間に、指定された建築の請負業者と契約を締結する事が条件になっているのというのが有ります。また、建物を建てる際には、決まった建築会社に依頼をしなければならないという事も、大きな特徴になるでしょう。この方法での戸建の購入・建設のメリットとしては、建築会社が指定されているため、ご自身で業者を探す手間が省けるのが1つあります。そして、通常の分譲住宅だと、作業の工程をチェックする事が出来ない事がほとんどなのですが、作業の工程を細かくチェックする事が出来るので、手抜き工事などが無いか確認が可能です。また、間取りに関しても、入居される方の意向にある程度沿うことが出来るというのがメリット部分になります。反対にデメリットとしては、業者に関しては指定になっているため、お知り合いなどが居た場合でも、その方にお願いする事が出来ないというのが、デメリットとして発生する場合があります。あとは工事の時期を選ぶ事が出来ないこともあるようです。最後に値段ですが、通常の建売の住宅に比べると、間取りの融通が利いたりする分、高めの設定になっているのが現状のようです。次に「建売住宅」についてです。これは、皆さんご存知かと思いますが、既に建築済みの建物を内覧し、購入をするパターンになります。そのメリットとしては、なんと言ってもその他の購入方法よりも、コストを抑える事ができるのが最大のメリットです。既に建築済みの住宅になりますので、これから建築するための材料費などといったものは一切発生しません。そして、すぐに入居する事が出来るというのもメリットと言えるでしょう。但し、購入の際に必ず注意していただきたいのは、欠陥住宅ではないかと言う部分を必ず確認をしてください。価格が安いからといって、購入しても、欠陥住宅だと後々修復費用が膨大に掛かってしまう可能性がありまうので、要注意です。最後に「注文住宅」についてです。注文住宅と言うのは、購入した土地、またはもともとある土地に新たに建物を建てるものになりますが、この設計をハウスメーカーや設計士に依頼をし、一からご自身の意向に沿った間取りの住宅を建てる事が出来ます。コレは最大のメリットと言えるでしょう。もちろん、作業工程などのチェックも可能ですので、手抜き工事などがあれば都度確認する事も可能です。ご自分の理想の住まいを手に入れるには、一番の方法かもしれません。但し、ここにもデメリットはあります。注文住宅は、費用がこだわりを持つほど高額になるケースが多いです。そして、設計を依頼した業者の方との打ち合わせなども、何度も重ねる必要がある為、非常に時間を要する事になるのです。その為、工期に時間が掛かります。

ここまで、3つの分譲の戸建の住まいの種類を紹介させていただきましたが、マイホームともなると、戸建でもマンションでも、決して安い買い物ではなく、一生物になるため、購入には慎重になるものです。様々な角度から検討し、購入するほうが良いかと思います。

Copyright 2018 土地を売るときの二つの方法 All Rights Reserved.