土地を売るときの二つの方法

住まいの快適さは、家族やライフスタイルによって違います。分譲か賃貸か、マンションか一戸建てか、選びましょう

土地を売るときの二つの方法

ライフスタイルに合わせて分譲や賃貸など住まいを選びましょう

結婚して子どもができて、家族が増えると、新しくて広い住まいが欲しくなります。我が家も、結婚と同時に、分譲マンションの購入を検討しました。まだ子どもがいなかったので、2LDKのマンションを選び、新たな住まいを楽しんでいました。

とても満足度の高いマンションでした。駅から近く、隣には便利な商業施設があり、地下道でつながっているので天候を気にせずに行き来できます。マンション内の共有施設も充実していて、キッズルームやラウンジなど、とても便利でした。室内も、眺望がよく、床暖房や生ゴミを処理するディスポーザーが便利で快適でした。

しかし子どもが二人生まれ、手狭になったので、新たな住まいを求めてマンションを売却しました。次は郊外で建売の一戸建てを購入し、のんびりと暮らしています。分譲であれ賃貸であれ、ライフスタイルに合わせて住まいを選んだり変えたりして、家族全員が快適に過ごせるように工夫することをおすすめします。私の両親も、子育て中は分譲の一戸建てを購入し、子どもが巣立ってからは一戸建てを売って、新たに分譲マンションを購入しました。駅前に直結していて、デパートやスーパーもすぐそばにあり、とて便利そうに暮らしています。年配の人には、マンションの便利な立地や、ワンフロアの生活が負担のない楽な生活なので、ライフスタイルにマッチしています。もちろん、一戸建てでも住み慣れた家に住み続けたいという人もいるし、自分の好みに合わせて、住まいを上手に選びましょう。

Copyright 2018 土地を売るときの二つの方法 All Rights Reserved.