土地を売るときの二つの方法

分譲住宅を住まいとして選ぶ際に気をつけたいtこがあります。それは、方角が重要になって来るということです。

土地を売るときの二つの方法

分譲住宅を住まいにするなら方角に注意を

分譲住宅を購入し、そこを住まいとして活用する場合は、充分に方角を考えなければなりません。それを考えずに購入するととんでもないことになりかねないからです。また、分譲住宅の戸数にも、注意が必要でしょう。では、何故、その様なことに注意が必要になって来るのでしょうか。安く帰るなら、それはそれで良いといった考え方も成立するのではないかと思われます。

まず、分譲住宅の場合、住まいとして利用することを考えて、購入する場合は、戸数から調査することが大切です。100戸以上の分譲住宅血で住宅を購入するというのは、論外です。なぜなら、分譲住宅は、概どの建物も同じであり、それは、屋根の形や色まで同じという徹底ぶりです。飲み会等で酔っ払って帰ってきても、インターホンをおしたら知らない人が出てきた、というのは良く聞く話です。自分の家まで帰れなくなります。また加えて、方角も大切です。例えば、受験生の部屋は、南や西にするべきではないと言われます。家相かrた来ているのですが、この家相というのは、案外理詰めの理論です。の受験生の部屋にしても西にあれば、西日が当たって、勉強どころではありません。どこかに遊びに行きたくなる、そして、試験に落ちまくる、といった良く出来た理論上に成立しているのです。

そんなこんなで、分譲住宅に住まいする場合は、よくよく考えて、特にその戸数と方角を考えて購入しなければ、後々大変な目にあうことでしょう。

Copyright 2018 土地を売るときの二つの方法 All Rights Reserved.